工務店で仕事をしているため兼務が日常茶飯事だ。建築士としての仕事がメインだが、たまにCADを使って土木の手伝いがある。久しぶりに土木から依頼があり、聞きながらやってみると、ヘロンの公式を使ってと言われた。ヘロンって何?状態の私に中学生で習ったでしょうとつっこみが。

建築

遥か昔の記憶を辿っても、その言葉にピンとこないので、ネットで調べてみたが、あったようななかったような。学生のときはこんなの使うことあるの?って思っていた。社会人になってほんとに使うときが来た。

まさか来るとは思ってなかった。致命的なのはその公式を使ってエクセルの設定をすることだ。今度は関数が必要になる。これまたちんぷんかんぷん。

結局手取り足取り状態になってしまって、どっちが手伝いなのかわかならくなった。昔はほんとに理系が全くだめで見るに見かねた母親が公文に行くことを促した。建築士になるときも力学でサインだのコサインだの出てきて、挫折しかけた。ほんとに数式って大事なんだとひしひし実感中。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする